読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【362本目】10区 Du Pain et des Idees 日本進出の大人気店!甘美なパンの誘惑に悩殺

バゲット365ファイナル パリ

baguette365完結まであと4本!

 

続いては、「Du Pain et des Idees」さん。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

すでに日本進出を果たしている人気のブーランジェリーです。

f:id:karenadams:20160719063233j:image

このブログでもおなじみ、

たまプラーザにある「ビオコンプレ」の菅野シェフがおすすめしてくれたお店ということで

「何があってもここだけは行かねばならぬ」と旅の最後にようやく訪れることができました。

baguette365.hateblo.jp

 

 f:id:karenadams:20160924173510j:plain

お店が近づいてくるにつれて少し先に行列が見えてきました。

あそこかな?と思ったら案の定Du Pain et des Ideesさんでした。

やっぱり人気なんですね。

ちなみに東京にある自由が丘と、表参道にあるお店の方が空いていました(私が行った時ですけど)

f:id:karenadams:20160724223803j:image

店内に入ると、そこはまるで夢の世界。

見上げると天井には美しい絵が描かれています。

こういうのが普通のパン屋さんにあるのがすごい。

美しいものが日常で目に入ってくるという環境に身を置きたいですね〜。

f:id:karenadams:20160924173541j:plain

f:id:karenadams:20160724223709j:image

ショーケースではなくてアンティークな台に柔らかなカットのガラスあり、その向こうに10〜15種るほどのパンが並んでいました。

列に並ぶと、順番にお店のムッシュとマダムが注文を聞いてくれます。

 

店内の装飾だけでなく、パンもまた美しく魅力的なのです。

f:id:karenadams:20160724223746j:image

f:id:karenadams:20160724223827j:image

f:id:karenadams:20160724223844j:image

f:id:karenadams:20160724223905j:image

こちらが人気のサクレ。

これを目当てに来たと言ってもいいくらいだったのに(あれ?バゲットは???)

なんと私の眼の前でラスト1本が売り切れてしまいました!

注文を取りに来てくれたマダムに「サクレは終わり?」と聞くと

「とんでもない!」という笑顔で、

奥にある台から焼きたてのサクレを持ってきてくれました。

よかった〜。

 

ではではこちらでの戦利品をご紹介!

 

クロワッサン 

f:id:karenadams:20160724224006j:image

バターがドーンと香る、

泣きそうになるほどの美味しさ。

層の中に幸せが詰まっていました。

 

ショソンオポンヌ

f:id:karenadams:20160724224024j:image

アップルパイですね。

パリにきてこのアップルパイの美味しさに目覚めた私。

ペーストでなくてリンゴを煮たものが入っていてジューシーな美味しさでした。

 

ショコラバナーヌ

f:id:karenadams:20160724224051j:image

 

エスカルゴシトロン

f:id:karenadams:20160724224127j:image

人気はピスタチオだったらしいのですが、

シトロン系をチョイス。

爽やかな甘みと生地の濃厚さにマッチ。

 

サクレ

f:id:karenadams:20160724224152j:image

お店の前に大きなテーブルがあって外イートイン(?)できたので早速ガブリ。

ほろほろと崩れそうな繊細な層が口の中でクラッシュ。

「トレビア〜ン」

今まで食べたことがない美味しさの更新です。

とってもシンプルなのに贅沢な甘みと香ばしい食感に悩殺されました。

 

 

そしてお待ちかね、バゲットはこちら。

f:id:karenadams:20160724224108j:image

 細身なのでフリュートだったかも。

小麦の甘みがぎゅっと詰まっています。

クラストの香ばしさが芳しく、

甘いパンだけではなくハード系の魅力も堪能できました。

 

  

「ちょっと買いすぎ???」

実はですね〜。お恥ずかしいですが

この時、私は帰国日を一日勘違いしていたのです。 

「このパンたちを日本に持って帰れる〜」という思いで買い込んだものの、

ホテルに着いてから、

「あれ?帰るのは明後日じゃないか!」と思い出したのです。

逆じゃなくてよかったけど(笑)

随分と疲れていたのですね。

もちろん持っては帰ったのですが、自分の勘違いながらおまけで一日をもらえたようでいつもながらおめでたい性格だなと思いました。

f:id:karenadams:20160924173501j:plain

活気があって、行列が絶えない人気のブーランジェリーでした。

こんなに人気でも気取ってなくて、地元に根付いている庶民的な雰囲気も兼ね備えていました。

日本のお店がちょっと小綺麗すぎるような気もします。

と、生意気なことを言いましたが、

でもこの味が日本で食べられるのは感謝感謝です。

ぜひ訪れてみてくださいね。

 

www.rituel.jp

[営業時間]月〜金 8:00〜19:00(土日祝 9:00〜)
[住所]東京都港区北青山3-6-23 1・2F
[電話番号]03-5778-9569

 

 

今回のフランスパンは 

買った場所 Du Pain et des Idees

買ったもの フリュート クロワッサン ショソンオポンヌ エスカルゴシトロン サクレ ショコラバナーヌ

アドレス  34 Rue Yves Toudic 75010

最寄りメトロ  jacques Bonsergent

休日 土日

営業時間 月〜金 6:45〜20:00

 

*ブログ執筆時の情報のため、

内容、休日、営業時間等は変更の可能性もありますのでご了承ください。

なお、区は違うかもしれないのでご確認ください。

 

 

 

【361本目】10区 Aux Péchés Normands なめたらあかん!パンチの効いたベーコンパン

バゲット365ファイナル パリ

更新が滞ってしまいました。

あと残り5本!

 

republique駅の近くにあるAux Péchés Normandsさん。

賑やかな通りの角にある趣のある外観のパン屋さんです。

f:id:karenadams:20160724224330j:image

f:id:karenadams:20160724224352j:image

 壁にも美しい装飾がされていてパリらしいです。

パリのパン屋さんはお店の営業時間や休日をおしゃれな看板で表示してくれています。

お店によって違うのでこれを見るだけでも価値がありますね。

f:id:karenadams:20160724224405j:image

店内はとても広く、奥までぎっしり商品が並んでいました。

f:id:karenadams:20160724224426j:image

正面の入り口付近には定番のパンが並びます。

f:id:karenadams:20160724224504j:image

f:id:karenadams:20160724224520j:image

f:id:karenadams:20160724224714j:image

 

こちらもボリューム満点のサラダたち。

f:id:karenadams:20160724224654j:image

f:id:karenadams:20160724224546j:image

スイーツも魅力的!

f:id:karenadams:20160724224602j:image

奥の方にはガラス貼りで工房が見えるようになっていて

ちょうどお惣菜を作っているところでした。

f:id:karenadams:20160724224639j:image

これも美味しそう〜。

 

というわけでこちらでは

バゲットではなくて、ベーコンエピのようなパンを買ってみました。

f:id:karenadams:20160724224731j:image

気楽に買ったものの、一口食べて衝撃。

「日本のベーコンエピなんてお子様よ!」

と言わんばかりの塩味のパンチが効いた塊ベーコンがたっぷりと入っていてびっくり!

私、結構日本のベーコンエピは好きだったのですが、

これを食べちゃうと、日本のベーコンて「?」となるくらいの存在感を放っていました。

生地はソフトなので、もっちりした食感にベーコンの塩味がガツンときて、なんとも食べ応えのある一品でした。

本場の凄さを見せつけられた感じです。

 

そしてもう一つ、

この旅で好きになったクレープを買ってみました。

f:id:karenadams:20160724224752j:image

いたってシンプルなクレープ。

味はほとんどないので(笑)おそらくパリの人はこれに一手間クリームやコンフィチュールなどをかけて食べるのだと思いますが、

私は何もつけない派のためこのままで十分美味しくいただけちゃいました。

 

お店の奥に2卓ほどのテーブルがあったのでイートインも可能でした。

パリらしくクラシックな素敵な店内に、バリエーションが豊富がパンやお惣菜が並んでいて魅力的なブーランジェリーでした。

 

 

今回のフランスパンは 

買った場所 Aux Péchés Normands

買ったもの ベーコンのパン&クレープ

アドレス  9Rue Faubourg du temple 75010

最寄りメトロ  republique

休日 土日

営業時間 月〜金 6:00〜20:00

 

*ブログ執筆時の情報のため、

内容、休日、営業時間等は変更の可能性もありますのでご了承ください

  

 

 

 

 

もしかして‥

番外編

f:id:karenadams:20160919121533j:image

 

こんにちは!

カレンです。

ずいぶんと間が空いちゃいました。

あと5本分書くのにこの牛歩。

 

すみません。

 

9月は仕事もプライベートも予定を詰めすぎてしまい、ヒィヒィ言ってます。

 

10月はもう少し余裕を持たせなくちゃ。

 

そんななか、

パリに行きたい気持ちが再び高まって来ちゃいました。

 

飛行機のチケットを調べたら

ずいぶん安く行けることがわかったとたん、

スイッチがカチッと入る音が頭のなかに響きました。笑

 

このブログに宣言すると叶う、

デスノート⁇のようなブログなので、

来年あたり

バケット365セカンドシーズン??

ありうるかも??

 

でも今度はゆるゆるにやりたいですね。

 

 

【360本目】6区 Thevenin サクッと便利なコンビニ的ブーランジェリー

バゲット365ファイナル パリ

メトロsaint palacide駅の目の前にあるブーランジェリー

「Thevenin」さん。

 

お店の名前が頭の中で「トレビアン」に変換されていたのですが、

トレビアンのスペルは「très bien」全然違いました。

f:id:karenadams:20160719062937j:image

お店の前にはテーブル席があり、かっこいいパリジェンヌたちがランチをしていました。

f:id:karenadams:20160724232616j:plain

真っ白で明るい店内。入って右側がスイーツ、左側が惣菜系、奥にパンコーナー。

そして中央にもイートイン席がありました。

f:id:karenadams:20160724232649j:plain

サラダ類も豊富。

画像を振り返るともうバゲットよりも、惣菜の方が気になってしまっていたのがわかります。

f:id:karenadams:20160724232627j:plain

ここには珍しく、ライスをつかったお弁当のような惣菜も売っていてさながらコンビニみたいなところです。

海外滞在も2週間ほどたっていたので、ライスに心がときめいちゃいました。

f:id:karenadams:20160724232637j:plain

 

スイーツコーナーにはマカロンがずらり。

f:id:karenadams:20160724232700j:plain

日本ではマカロンといえばラドゥレなどでしか見かけないのですが、パリのパン屋さんでは当たり前に売られています。

 

どうも、私は「色」に魅力を感じるタイプなのでマカロンでカラフルに彩られたショーケースを見るのが楽しくて仕方がなかったです。

f:id:karenadams:20160724232710j:plain

f:id:karenadams:20160724232722j:plain

f:id:karenadams:20160724232733j:plain

コンビニ的なお店なので、ランチタイムはスタッフさんが忙しそうでした。

買うときには自分の意思表示が大切ですね。

目があったスタッフさんに、カウンターの奥にあるバゲットを指差して、やっと買うことができました。

f:id:karenadams:20160903155424j:plain

こちらも焼きが薄めです。パンチは足りませんでしたが、シンプルなバゲット。

ランチにサラダなどと合わせて食べるのが良さそうでした。

 

パリのパン屋さんはサクッと買ってサクッと帰るのが当然のような感じです。

私みたいに、あれもおいしそう〜これもたべたい〜と迷っているとお店の人は、さっさと次のお客さんの注文をとりに行ってしまいます。 

サクッと「ユヌバゲットシブブプレ」と買って帰るのがパリジェンヌらしくてかっこいいと思いつつ、最後までできませんでした(笑)

 

今回のフランスパンは 

買った場所 Thevenin

買ったもの バゲット&サラダ

アドレス 5 Rue Notre Dame des Champs 75006

最寄りメトロ saint palacide

 

*ブログ執筆時の情報のため、

内容、休日、営業時間等は変更の可能性もありますのでご了承ください

  

【359本目】10区Maison COËT 魅惑のサラダとスイーツ!爽やかブルーなブーランジェリー

バゲット365ファイナル パリ

ずいぶん間が空いてしまいました。

ブログではまだ365本まで達成していないので、がんばって更新していきます。

 

359本目はこちら「Maison COËT」さん。最寄りの地下鉄はcolonel fabienです。

f:id:karenadams:20160719062837j:image

 鮮やかなブルーの看板が目印で、大きな間口で入りやすいお店でした。

f:id:karenadams:20160724234011j:plain

ショーケースや壁にもブルーを使っていて、素敵。

こちらのお店の注目はなんといっても豊富なスイーツとサラダでした。

f:id:karenadams:20160724233931j:plain

f:id:karenadams:20160724233935j:plain

 

f:id:karenadams:20160724233946j:plain

このグラスに入ったパフェ。思わず2度見しちゃったほどです。

今でも買わなかったことを悔やみます。

f:id:karenadams:20160724233950j:plain

他のブーランジェリーにもケーキを売っているお店がありましたが、

ここのは特にセンスがよくて、どれもこれも食べてみたくなるようなスイーツたちでした。

そして、さらに釘付けにされたのはサラダ。

f:id:karenadams:20160724233938j:plain

 

f:id:karenadams:20160724233942j:plain

フランスの野菜はどうしてこんなに食欲をそそる色合いなのでしょう?罪です。

どれもこれもカラフルでボリュームたっぷりのサラダたち。

もしパリに住んだら絶対に週3でこのサラダをランチで食べると誓いましたよ。

 

忘れちゃいけないパンたちはこちら。

f:id:karenadams:20160724233954j:plain

f:id:karenadams:20160724234005j:plain

そしてバゲットはこちらです。

f:id:karenadams:20160724233959j:plain

 カウンターの奥。

ブルーの壁に薄茶色のバゲットが映えます。

 

f:id:karenadams:20160724234015j:plain

バゲットはあっさりめ。

色も薄いので、カリッと感もそこまでハードではありませんでした。

もう少し焼きが濃いのが好きなのですが、中はもっちりとしていてシンプルな美味しさでした。

 

そして・・・

f:id:karenadams:20160724234022j:plain

もちろん買っちゃいました。アボカドとエビのサラダ。

サラダにはパンも2切れついているので、

しっかりとしたランチとしても大丈夫!(住む気満々)

こんなにシンプルなのに、心惹かれるってなぜなのでしょうね。

私の中の印象としてはバゲットよりサラダの方が勝ってしまったという本末転倒ぶりですが、スイーツの豊富さ、サラダのカラフルさに魅了されちゃいました。

 

 

今回のフランスパンは 

買った場所 Maison COËT

買ったもの バゲット&サラダ

 

アドレス 4 Rue des Ecluses Saint-Martin

最寄りメトロ colonel fabien

6:30〜20:00

休み 土、日曜日

 

*ブログ執筆時の情報のため、

内容、休日、営業時間等は変更の可能性もありますのでご了承ください

  

ブログ更新が・・・

ご挨拶

f:id:karenadams:20160827184023j:plain

こんばんは

カレンです。

ブログ更新が滞っております。

達成はしたのに365本目まで記事を書いていないという

一番「あかんパターン」という・・・。

パリの記憶も薄〜くなる前に書き終えなきゃいけないのにすみません。

8月中はちょっとバタバタしていまっているので

9月になったらばっちり仕上げて達成させます(汗)

 

【358本目】6区 Bread and Roses マダム御用達高級デリカテッセンのバゲット

バゲット365ファイナル パリ

パリでの滞在が残りわずかになってきた頃、

いくつか、必ず訪れたいというお店がまだ残っていました。

その中の一つがこちら

「Bread and Roses」さん。

f:id:karenadams:20160719062720j:image

名前からして素敵なお店ですが、実際に行ってみると

これぞパリのマダム御用達という感じの高級なデリカテッセンでした。

f:id:karenadams:20160724234747j:plain

隣にはレストランも併設されています。

f:id:karenadams:20160811110451j:plain

 レストランとデリカテッセンコーナーは別の入り口になっていて、店内も木目調のショーケースやレンガぽい壁。レストランの方は高級感がありましたが、こちらは少し庶民的でホッとしました。

f:id:karenadams:20160811110437j:plain

日本ではあまり見かけないようなチーズもあって、パッケージも陳列の仕方もおしゃれ。 

f:id:karenadams:20160811110447j:plain

他のパン屋さんに比べるとやはり高級なのでお値段もそれ相応。でもどれもこれもトッピングもセンスがあって美味しそうです。

 

f:id:karenadams:20160724234757j:plain

ちょっとした甘いものも売っていました。

f:id:karenadams:20160724234807j:plain

高級感あふれるサーモン。

売り物ですがあまりに堂々としているのでオブジェのようにも見えちゃいました。

 

品揃えは多くはありませんが、どれも上品で他のパン屋さんでは見かけないような美味しそうなお惣菜も揃っていて見ているだけで楽しかったです。

 

そして、肝心のパンの種類は意外にも少なくてこれだけ。

f:id:karenadams:20160811110433j:plain

バゲット類もこちら。

あれ?思ってたのと違う・・・けどバゲットだけあればOK!

f:id:karenadams:20160811110441j:plain

カウンターの外側にパンがあるため、どうやって注文するのかと思ったら、普通にお店の人に伝えると、カウンターから出てきてとってくれます。

パリのパン屋さんは基本、全部お店の人に伝えて注文する方式です。

f:id:karenadams:20160811110416j:plain

正統派の美しいフォルムのバゲットです。店名入りの袋も可愛らしい。

少し薄めの焼き色でシンプルでしたが、この方がお惣菜にもあうのかもしれないですね。

 近くにはリュクサンブール公園もあるのでここでデリとバゲットを買って公園で食べるっていうのもパリらしいなと感じました。

今回のフランスパンは 

買った場所 Bread and Roses

買ったもの バゲット

 

アドレス 62 Rue Madame  75006

最寄りメトロ saint placide

8:00〜19:00

休み 日曜日

 

*ブログ執筆時の情報のため、

内容、休日、営業時間等は変更の可能性もありますのでご了承ください