Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

番外編 パリ日記 ベルギー編

f:id:karenadams:20161013194551j:plain

 

こんばんは

カレンです。

もうひとつのブログに

パリ〜マラケシュ〜ベルギーの日記を書いています。

 

 

karenbookingstyle.com

 

karenbookingstyle.com

番外編 パリ日記書いてます。

f:id:karenadams:20161011213944j:plain

 

こんばんは

カレンです。

もうひとつのブログに

パリ〜マラケシュ〜ベルギーの日記を書いています。

よかったらぜひお読みください。

我ながら面白いです(笑)

 

karenbookingstyle.com

 

karenbookingstyle.com

【365本目】7区 Le Boulangerie des Invalides ラスト1本はとびきりキュートなパン屋さんのバゲットトラディション

大変、大変、大変、長らくお待たせをいたしました。

7月にパリにて365本目を達成し、バゲット365完結!とさせたものの、

ブログの更新が滞ってしまうという、一番「あかんパターン」で引っ張ってしまいました。

 

気がつけば季節は

秋・・・・。

 パリもそろそろ紅葉が美しい時期になってしまっていることでしょう。

お待たせしてしまって申し訳ございませんでした。

 

ということで、いよいよラスト365本目はこちらです!!

f:id:karenadams:20160724222721j:image

 7区のサンルイデザンヴァリッド教会やロダン美術館のそばにある、

「Le Boulangerie des Invalides」さん。

f:id:karenadams:20160724222702j:image

もう、店内に一歩入った瞬間から、

「きゃ〜〜〜〜かわいい〜〜〜〜」と心の中で悲鳴を上げてしまった、

とってもキュートなブーランジェリー

 

f:id:karenadams:20160724222618j:image

日本だと浮いてしまうような、「ド」ピンクですがそこはパリ。

重厚なクラシックの建物とセンスの光る装飾に合わせると、

まるで「あの世界」に迷い込んだかのようになります。

 

f:id:karenadams:20160724222754j:image

あの世界とは、

そう、アメリ。

アメリ?

アメリ?

やっぱりアメリだよね?

パリ好きの女性が一度は憧れるあのアメリの世界観の中にいるようです。

 

 いるだけで幸せな気分にさせてくれるこのパン屋さん。

もちろんパンたちも幸せな気分にさせてくれました。

f:id:karenadams:20160724222740j:image

f:id:karenadams:20160724222458j:image

カウンターには所狭しと、たくさんの種類のパンがならんでいます。

ヴィエノワズリー系が多い印象。

もう、パンの陳列もカゴやら、シルバートレーやら、白い陶器やら、統一ではないのにおしゃれなんです。

 

f:id:karenadams:20160724222528j:image

どれもこれも宝石のように、美しいパンたち。

許可をいただき撮影しましたがどれを撮ってもフォトジェニックなのでキリがない。

たまたまこの時は、空いていたのでじっくり撮影できてラッキーでした。

 

f:id:karenadams:20160724222650j:image

f:id:karenadams:20160724222558j:image

こんな素敵な空間で、パンを買ってすぐに帰ってしまうのはもったいなさすぎる。

でも嬉しいことに、

店内はイートインができるサロンドテもあり、

ドリンクを注文して、買ったパンをその場で食べることができるのです。

 

f:id:karenadams:20160724222433j:image

世界で一番幸せな気分に浸りながら、注文したのは、カフェオレ(ラテ)とショソンオポンヌ。

そしてもちろんバゲットトラディションも。

f:id:karenadams:20160724222426j:image

ペースト状の甘いリンゴのジャムが入っていて、さっくさくのパイ生地。

 

こちらがハード系のパンコーナー。

f:id:karenadams:20160724222625j:image

種類も豊富です。

パリに住んで、毎日別々の種類のパンを食べようとしても、一生かけても食べきれないないくらいでしょうね。

 

そして、

いよいよラスト1本はこちらです。

f:id:karenadams:20160724222441j:image

トラディショーン

ほんのり焼きたてで、極上の美味しさでした。

香り高く、バリッと割ける香ばしいクラストと、中のもっちりとしたクラム。

肌に吸い付くようなしっとり感が印象的でした。

 

何気なく始めた企画だったけど、

こんな素敵な場所で

幸せな気持ちで美味しいパンを食べられて

ほんとに、

ほんとに、

ほんとう〜〜〜〜〜に

バゲット365やってよかったなと、

バゲットと1年間の思い出を噛み締めていました。

 

ということで、

バゲット365本当にラストです!

ここまで達成できたのも、

ブログを読んで応援してくださったみなさまのおかげです。

応援ありがとうございました。

 

これで終わりにしちゃうのももったいないので、

せっかくだからパリのパン屋さん巡りについてはまた編集後記として書いていきたいと思います。

 

ここまで読んでくださって本当に本当にありがとうございました。

 

Merci!

A bientot!!

 

今回のフランスパンは 

買った場所 Le Boulangerie des Invalides

買ったもの トラディション

アドレス  14Avenue de Villars 75007

最寄りメトロ 

休日 日

営業時間 7:30〜20:00

 

*ブログ執筆時の情報のため、

内容、休日、営業時間等は変更の可能性もありますのでご了承ください。

なお、区は違うかもしれないのでご確認ください。

 

 

 

 

【364本目】8区 Boulangerie EVA 凱旋門から歩いていける!パン屋さん

パリのパン屋さんめぐり最終日!

いよいよあと2本になりました。

 

続いては、「Boulangerie EVA」さん。

ここは凱旋門から歩いて10分ほどのところにありました。

 

f:id:karenadams:20160724222831j:image

今回パリのパン屋さんを訪れるに当たって参考にさせていただいた川村明子さんの「パリのパン屋さん」という本に載っていた「COIT」というお店に向かったのですが、

ついてみたら「EVA」というお店。

 

あれ?

 

お店の名前が変わったのか?

別のお店になったのか?

私には情報を掴みきれずちょっと肩透かし。

f:id:karenadams:20160724223048j:image

でもショーウインドウには2006年のバゲットコンクールで賞をもらったお店ということでしたので、

おそらく名前が変わっただけなのかも。(未確認)

 

f:id:karenadams:20160724222853j:image

店内はそれほど広くなくて、入って右側はカウンター式のイートイン席。

左側がショーケースになっています。

ジュースとかのドリンクも売っているのでちょっとしたコンビニ感覚で利用できるパン屋さんのようです。

f:id:karenadams:20160724222921j:image

この時はランチタイムだったので店内には近隣のサラリーマンのムッシュやマダム達が列を作ってパンを買っていました。

席も埋まっていたのでやはり人気のお店のようです。

f:id:karenadams:20160724222938j:image

ランチでピークが過ぎたからか?種類は少なめでした。

パリのパン屋さんは朝が早いからランチ前に行くのがいいのかもしれません。

それにしてもフランスの方は体が大きい人が多いけど、パンだけでお腹いっぱいになるのかな?

 

f:id:karenadams:20160724222953j:image

スイーツは洗練されたものよりも、郷土菓子的なものが多かったです。

 

f:id:karenadams:20160724223009j:image

 バゲットにするはずが、

なぜかトラディションに惹かれて、最後の最後でトラディション。

 

嬉しいことにトラディションはほんのり焼きたてでした。

トラディションは少し短いのでパリの人にとっては食べきりサイズかもしれません。

 

f:id:karenadams:20160724223033j:image

店内のカウンターはいっぱいでしたが、お店の外にもテーブルだけがあったので

そこで早速パクリ!。

色は薄めですが、クラストの香ばしさが印象的でした。

パリで食べるバゲットも残り少なくなってきていたので

ちょっぴりセンチメンタルな気分になって感慨深い思いで頬張りました。

 

 

さて、次の記事がいよいよ365本目!

大変長くかかってしまって申し訳ございませんでした!!

とびきりキュートなブーランジェリーをご紹介します。

 

今回のフランスパンは 

買った場所 Boulangerie EVA 

買ったもの トラディション

アドレス  270 Rue du Faubourg Saint-Honore 75008

最寄りメトロ ternes

休日 日

営業時間 7:00〜20:00

 

*ブログ執筆時の情報のため、

内容、休日、営業時間等は変更の可能性もありますのでご了承ください。

なお、区は違うかもしれないのでご確認ください。

 

【363本目】Les Goumandises d'Eiffel エッフェル塔に近い!地元民に愛される高級パン屋さん

365本まであと3本!

もうエッフェル塔が目の前まで見えてきました。

 

こちらは

エッフェル塔との目と鼻の先にあるパン屋さんその名も「Les Goumandises d'Eiffel 」さん。

ちなみに「Goumandises」とは食い道楽という意味だそうです。

f:id:karenadams:20161008150156j:plainf:id:karenadams:20161008150153j:plain

焦げ茶色のシックな壁がなんとも高級感を醸し出しています。

一見入りづらそうですが、ドアも開けっぱなしで開放的だったので

意外と躊躇なく入れました。

 

f:id:karenadams:20160724223123j:image

店内も落ち着いたでモダンで大人な雰囲気。

f:id:karenadams:20160724223138j:image

f:id:karenadams:20160724223249j:image

マジパンで作られたような可愛らしいお菓子もありました。

子供が喜びそうです。

f:id:karenadams:20160724223212j:image

 この時は、お店のマダムとお客さんのムッシュが軽く談笑しているという

パリらしい風景を見ることができました。

 

パリのブーランジェリーは見た目高級感があっても、結構気さくなマダムがいるので近所の人もすぐにおなじみになれるのかな〜なんて思ってみたり。

パン屋さんイコール日常のものですもんね。

 

 

さてそんな中

「une baguette sil vous plait!」と

バゲットを注文!

マダムが奥に並ぶバゲットを1本出してきてくれました。

f:id:karenadams:20160724223152j:image

うっかり写真を撮り忘れてしまったのですが、シンプルで癖のないバゲットでした。

実はですね、

ここで買ったバゲットが365本目のエッフェル塔の前で掲げたバゲットです。

この日はたしか3本買ったのですが、他のパン屋さんのは短く、

バゲットらしいバゲットがここしかなかったのですね。

というわけで、365本目は実はこのバゲットなのです!

 

ブログでの紹介はあと2店別のところになりますが、

この細長いバゲットを片手に、いざエッフェル塔の前に向かったのでした。

 

 

今回のフランスパンは 

買った場所 Les Goumandises d'Eiffel

買ったもの バゲット

アドレス  187Rue de Grenelle 75007

最寄りメトロ  EcoleMilitaire

休日 月

営業時間 火〜日 7:00〜20:00

 

*ブログ執筆時の情報のため、

内容、休日、営業時間等は変更の可能性もありますのでご了承ください。

なお、区は違うかもしれないのでご確認ください。

 

 

 

 

【362本目】10区 Du Pain et des Idees 日本進出の大人気店!甘美なパンの誘惑に悩殺

baguette365完結まであと4本!

 

続いては、「Du Pain et des Idees」さん。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

すでに日本進出を果たしている人気のブーランジェリーです。

f:id:karenadams:20160719063233j:image

このブログでもおなじみ、

たまプラーザにある「ビオコンプレ」の菅野シェフがおすすめしてくれたお店ということで

「何があってもここだけは行かねばならぬ」と旅の最後にようやく訪れることができました。

baguette365.hateblo.jp

 

 f:id:karenadams:20160924173510j:plain

お店が近づいてくるにつれて少し先に行列が見えてきました。

あそこかな?と思ったら案の定Du Pain et des Ideesさんでした。

やっぱり人気なんですね。

ちなみに東京にある自由が丘と、表参道にあるお店の方が空いていました(私が行った時ですけど)

f:id:karenadams:20160724223803j:image

店内に入ると、そこはまるで夢の世界。

見上げると天井には美しい絵が描かれています。

こういうのが普通のパン屋さんにあるのがすごい。

美しいものが日常で目に入ってくるという環境に身を置きたいですね〜。

f:id:karenadams:20160924173541j:plain

f:id:karenadams:20160724223709j:image

ショーケースではなくてアンティークな台に柔らかなカットのガラスあり、その向こうに10〜15種るほどのパンが並んでいました。

列に並ぶと、順番にお店のムッシュとマダムが注文を聞いてくれます。

 

店内の装飾だけでなく、パンもまた美しく魅力的なのです。

f:id:karenadams:20160724223746j:image

f:id:karenadams:20160724223827j:image

f:id:karenadams:20160724223844j:image

f:id:karenadams:20160724223905j:image

こちらが人気のサクレ。

これを目当てに来たと言ってもいいくらいだったのに(あれ?バゲットは???)

なんと私の眼の前でラスト1本が売り切れてしまいました!

注文を取りに来てくれたマダムに「サクレは終わり?」と聞くと

「とんでもない!」という笑顔で、

奥にある台から焼きたてのサクレを持ってきてくれました。

よかった〜。

 

ではではこちらでの戦利品をご紹介!

 

クロワッサン 

f:id:karenadams:20160724224006j:image

バターがドーンと香る、

泣きそうになるほどの美味しさ。

層の中に幸せが詰まっていました。

 

ショソンオポンヌ

f:id:karenadams:20160724224024j:image

アップルパイですね。

パリにきてこのアップルパイの美味しさに目覚めた私。

ペーストでなくてリンゴを煮たものが入っていてジューシーな美味しさでした。

 

ショコラバナーヌ

f:id:karenadams:20160724224051j:image

 

エスカルゴシトロン

f:id:karenadams:20160724224127j:image

人気はピスタチオだったらしいのですが、

シトロン系をチョイス。

爽やかな甘みと生地の濃厚さにマッチ。

 

サクレ

f:id:karenadams:20160724224152j:image

お店の前に大きなテーブルがあって外イートイン(?)できたので早速ガブリ。

ほろほろと崩れそうな繊細な層が口の中でクラッシュ。

「トレビア〜ン」

今まで食べたことがない美味しさの更新です。

とってもシンプルなのに贅沢な甘みと香ばしい食感に悩殺されました。

 

 

そしてお待ちかね、バゲットはこちら。

f:id:karenadams:20160724224108j:image

 細身なのでフリュートだったかも。

小麦の甘みがぎゅっと詰まっています。

クラストの香ばしさが芳しく、

甘いパンだけではなくハード系の魅力も堪能できました。

 

  

「ちょっと買いすぎ???」

実はですね〜。お恥ずかしいですが

この時、私は帰国日を一日勘違いしていたのです。 

「このパンたちを日本に持って帰れる〜」という思いで買い込んだものの、

ホテルに着いてから、

「あれ?帰るのは明後日じゃないか!」と思い出したのです。

逆じゃなくてよかったけど(笑)

随分と疲れていたのですね。

もちろん持っては帰ったのですが、自分の勘違いながらおまけで一日をもらえたようでいつもながらおめでたい性格だなと思いました。

f:id:karenadams:20160924173501j:plain

活気があって、行列が絶えない人気のブーランジェリーでした。

こんなに人気でも気取ってなくて、地元に根付いている庶民的な雰囲気も兼ね備えていました。

日本のお店がちょっと小綺麗すぎるような気もします。

と、生意気なことを言いましたが、

でもこの味が日本で食べられるのは感謝感謝です。

ぜひ訪れてみてくださいね。

 

www.rituel.jp

[営業時間]月〜金 8:00〜19:00(土日祝 9:00〜)
[住所]東京都港区北青山3-6-23 1・2F
[電話番号]03-5778-9569

 

 

今回のフランスパンは 

買った場所 Du Pain et des Idees

買ったもの フリュート クロワッサン ショソンオポンヌ エスカルゴシトロン サクレ ショコラバナーヌ

アドレス  34 Rue Yves Toudic 75010

最寄りメトロ  jacques Bonsergent

休日 土日

営業時間 月〜金 6:45〜20:00

 

*ブログ執筆時の情報のため、

内容、休日、営業時間等は変更の可能性もありますのでご了承ください。

なお、区は違うかもしれないのでご確認ください。

 

 

 

【361本目】10区 Aux Péchés Normands なめたらあかん!パンチの効いたベーコンパン

更新が滞ってしまいました。

あと残り5本!

 

republique駅の近くにあるAux Péchés Normandsさん。

賑やかな通りの角にある趣のある外観のパン屋さんです。

f:id:karenadams:20160724224330j:image

f:id:karenadams:20160724224352j:image

 壁にも美しい装飾がされていてパリらしいです。

パリのパン屋さんはお店の営業時間や休日をおしゃれな看板で表示してくれています。

お店によって違うのでこれを見るだけでも価値がありますね。

f:id:karenadams:20160724224405j:image

店内はとても広く、奥までぎっしり商品が並んでいました。

f:id:karenadams:20160724224426j:image

正面の入り口付近には定番のパンが並びます。

f:id:karenadams:20160724224504j:image

f:id:karenadams:20160724224520j:image

f:id:karenadams:20160724224714j:image

 

こちらもボリューム満点のサラダたち。

f:id:karenadams:20160724224654j:image

f:id:karenadams:20160724224546j:image

スイーツも魅力的!

f:id:karenadams:20160724224602j:image

奥の方にはガラス貼りで工房が見えるようになっていて

ちょうどお惣菜を作っているところでした。

f:id:karenadams:20160724224639j:image

これも美味しそう〜。

 

というわけでこちらでは

バゲットではなくて、ベーコンエピのようなパンを買ってみました。

f:id:karenadams:20160724224731j:image

気楽に買ったものの、一口食べて衝撃。

「日本のベーコンエピなんてお子様よ!」

と言わんばかりの塩味のパンチが効いた塊ベーコンがたっぷりと入っていてびっくり!

私、結構日本のベーコンエピは好きだったのですが、

これを食べちゃうと、日本のベーコンて「?」となるくらいの存在感を放っていました。

生地はソフトなので、もっちりした食感にベーコンの塩味がガツンときて、なんとも食べ応えのある一品でした。

本場の凄さを見せつけられた感じです。

 

そしてもう一つ、

この旅で好きになったクレープを買ってみました。

f:id:karenadams:20160724224752j:image

いたってシンプルなクレープ。

味はほとんどないので(笑)おそらくパリの人はこれに一手間クリームやコンフィチュールなどをかけて食べるのだと思いますが、

私は何もつけない派のためこのままで十分美味しくいただけちゃいました。

 

お店の奥に2卓ほどのテーブルがあったのでイートインも可能でした。

パリらしくクラシックな素敵な店内に、バリエーションが豊富がパンやお惣菜が並んでいて魅力的なブーランジェリーでした。

 

 

今回のフランスパンは 

買った場所 Aux Péchés Normands

買ったもの ベーコンのパン&クレープ

アドレス  9Rue Faubourg du temple 75010

最寄りメトロ  republique

休日 土日

営業時間 月〜金 6:00〜20:00

 

*ブログ執筆時の情報のため、

内容、休日、営業時間等は変更の可能性もありますのでご了承ください