Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【104本目】横浜 のり蔵 中華街にある超日本的な和モダンベーカリーの山椒ガーリックバター


f:id:karenadams:20151014195425j:image
横浜の中華街の片隅に、
日本らしさが溢れた和風のパン屋さんがありました。
 
昨年の12月にオープンしたばかりのお店
のり蔵さんです。
 
かなりの裏路地にあって、この看板がなかったら確実に見落としてました。
 
 
f:id:karenadams:20151014195351j:image
横道にはいり進んでいくと、すぐに和風のお店が見えてきます。
一見すると、パン屋さんとは思えない店構えで
中華街?!と思えるほど落ち着いた雰囲気。

 

f:id:karenadams:20151014195400j:image
店内もすごい!
黒いシックなインテリアに日本らしさたっぷり。
レトロな和タンスが置かれていたり、飾りも、昔懐かしいお人形?なども飾られています。
 
お店の奥には工房が続いていて、職人さんが焼いている姿がみられます。
 
このお店はすべて北海道産の小麦粉を使用しているというこだわりがあって、
日本とパンを愛する熱い気持ちが伝わってきました。
 
f:id:karenadams:20151014195407j:image
このときはたくさんのうさぎのお人形が出迎えてくれました。
この装飾は頻繁に変わるそうです。
 
どこかの老舗旅館にでも来たかのようなホッとする落ち着く空間でした。
 
f:id:karenadams:20151014195418j:image
そして、さらに、おすすめなのは和風パンの種類が豊富!
 
のりハムロール
焼きもろこし
じゃがバタ明太 などなど
 
日本人にとって馴染みある食材が多くて食べてみたいものばかりです。
 
というわけで、
このお店には正当なバゲットもありましたが、
せっかくなので「山椒ガーリックバター」というバゲットをを買ってみました。
f:id:karenadams:20151014195448j:image
最初みたときは、山椒?!とびっくりしましたが、とっても気になりますよね。
わたし、山椒好きなのではじめての体験です。
 
f:id:karenadams:20151014195339j:image
30センチほどの細長いバゲット。・・・というよりはフィセルですね。
 
きんちゃく袋のイラストも素敵。
 
カットしてみました。
f:id:karenadams:20151014200910j:image
ガーリックバターなのでリベイクして食べてみました。
 
熱が加わって、バターと山椒の香りがほんのり漂ってきました。
おいそう〜と思いながらひとくち。
 
おお!
 
バターのコクのまろやかな味のあとに、
山椒のピリッとした辛味がきます。
山椒とバターがこんなにあうなんてびっくり。
 バゲットの食感もカリサクでお酒のおつまみに絶対にあう!
ワインもいけそうだけど、ここは日本酒か焼酎?
 
なんだかクセになりそうな刺激的なおいしさでした。
 
他にも気になるパンがたくさんあったので近々リピートしたいと思います。
 
 
今回のフランスパンは
買った場所 横浜 のり蔵
買ったもの 山椒ガーリックバター
価格 250円