Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【106本目】五反田 メゾンガイザー 聖地にかえる やっぱりおいしいバゲットモンジュ

f:id:karenadams:20151020163651j:image

五反田と大崎の中間くらいにあるタワーマンションの1階にひっそりとある「メゾンカイザー」さん。

このお店を見かけるのは、たいていデパートや、高級スーパーの施設内ベーカリーなので、路面店としてあるのは珍しく感じます。

 

ここは、私がバゲットのおいしさに目覚めてしまったお店でもあるので、

わたしにとっては じつは聖地でもあります(大げさ?)

f:id:karenadams:20151020163735j:image

この五反田店は広くはないですが、工房が併設されているので焼きたてのパンが食べられるのが嬉しいのです。

奥にはちらっとガラス越しに製造しているところがみえるんですよ。

 

高級感のイメージがあるお店ですが、

店内ではドリンクサービスや試食も配ってくれたりして、地域になじんだ優しいパン屋さんです。

 

f:id:karenadams:20151020163509j:plain

メゾンカイザーさんといえばスイーツも揃っています。

この時は夕方近くだったので数は少なめでしたが、おいしそうなケーキに心を奪われそうになりました。

f:id:karenadams:20151020163727j:image

この時は30種類ほど店内にありました。

ハード系のパン食事と合わせやすそうなすこし柔らかめなパンが揃っていました。

 

f:id:karenadams:20151020163719j:image

季節的にハロウィーンを前にかぼちゃのパンも。

 

ちょうど小さなお子さん連れの親子がやってきて、

「これこれ〜」と男の子が指差して、

1個300円以上するチョコのヴィエノワズリーを買ってもらっていて

「こんなにおいしいパンを小さなころから食べられるなんて贅沢だな〜」と思いつつ

私はもちろんバゲットへ。

 

f:id:karenadams:20151020163449j:plain

メゾンカイザーさんはこのように1本のままのと、すでにカットしてある袋入りのもあります。

家にブレッドナイフがないときは便利だと思います。

 

f:id:karenadams:20151020163816j:image

お店オリジナルの小麦粉「メゾンカイザートラディショナル」を使ったバゲットだそうです。

クープの開きが大きくて、焼き目の色も美しい黄金色。

 

カットしてみました。

f:id:karenadams:20151020163710j:image

 しっとり、もっちりとした柔らかなクラム。

小麦がとってもいい香りで思わず鼻を近づけて芳ぎたくなります。

クラストの香ばしさ&歯ごたえとクラムのもっちり感が合わさった時がたまらないのです。

文句無しのおいしさでした。

「バゲットを食べるならまずこれから!」と断言できる大好きなバゲットです。

 

そして今回私なりのバゲットの一番おいしい食べ方を発見しました!

これはイベントのリアルバゲット365にてご報告したいと思います。

 

今回のフランスパンは

買った場所 五反田 メゾンカイザー

買ったもの バゲットモンジュ

価格 303円

 

maisonkayser.co.jp