Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【166本目】たまプラーザ ビオコンプレ 真面目さが伝わる!菅野シェフの愛情がこもった全粒粉バゲット

 

横浜青葉区界隈は、おいしいパン屋さんがたくさんあるエリアとして有名。

 

8月以来、ひさしぶりに横浜遠征です。降り立ったのは田園都市線たまプラーザ駅。

 

駅から歩いて10分ほどにあるオーガニックのパンを扱うビオコンプレさんに行ってきました。

 

f:id:karenadams:20151216210018j:plain

フランス語でビオとはオーガニック、コンプレとは完全なという意味。

お店の名前からして、からだに優しそうなパンを作られているのがわかります。

 

 

f:id:karenadams:20151216210144j:plain

遠くからでも目立つ名入りの水色のテント。

 

お惣菜屋さんみたいに外からショーケースを見て注文する対面式の可愛らしい店舗でした。

 

 

f:id:karenadams:20151216210121j:plain

お店の外にはオーガニックの小麦粉やお砂糖など全粒粉の製パン材料も売られていました。

お店で使っているものと同じものなんでしょう。

 

あとでわかりますが、こちらのビオコンプレさんはパンに使っている材料についてとてもオープンで真摯的です。

 

 

 

f:id:karenadams:20151216210213j:plain

この時は平日のお昼前でしたが、ショーケースに20種類ほどのパンが並べられていました。 

 

フルーツ系や、色とりどりのヴィエノワズリー系の派手なものはありませんが、丁寧に作られていそうな素朴なパンが並んでいます。

 

f:id:karenadams:20151216210100j:plain

プライスカードの角には全粒粉〜%と表記されていてわかりやすい。

 

全粒粉とは精製していない小麦で、外皮が残ったままのため栄養価も高くて、穀物の味わいをダイレクトに感じることができて、私は好きです。

 

f:id:karenadams:20151216210234j:plain

お店の方にバゲットの特徴や、オススメの食べ方ありますか?

と尋ねると、奥からオーナーシェフの菅野さんが顔を出してくださいました。

 

少し菅野シェフとお話させていただくと、

パリでバゲットコンクールでも優勝されたブーランジェリーで修行をされたこともあるそう。

 

私がバゲットのブログをやっていて、最後はパリでバゲットを食べたいと思っているというと

奥からパリのオススメブーランジェリーが書かれた紙をわざわざ出してきて、「よかったらこれどうぞ!」とくださいました。

なんて気さくで優しいんだ。

 

いろいろなパン屋さんに行ってますがこんなに気さくで丁寧に接してくださったシェフは初めてでした。

 

しかも、このシェフの真面目なお人柄を表すように、

このビオコンプレのパンの材料は、どこの何を使っているというのをこのような表にしてくれています。

f:id:karenadams:20151216210321j:plain

からだに入るものがどこの何かを知りたいと思う消費者の気持ちにここまで寄り添ってくれるパン屋さんて珍しいですよね。

 

 

さてそんな素敵な菅野シェフのオススメのバゲット。

 

プライスカードには全粒粉30%と書かれていましたが、この日は40%で作ってみた とのこと。

 

全粒粉の割合が高まることによりもっちり感も増し、乳製品(チーズなど)との相性がよいそう。

 

いろいろと研究されていて、美味しいパンを提供したいという気持ちが込められているのを感じました。

f:id:karenadams:20151216210305j:plain

画像だと分かりづらいですが、全粒粉のため色が濃いめです。

 

 

カットしてみました。

f:id:karenadams:20151216210251j:plain

クラムの濃い白茶色と、外皮の部分のつぶつぶ感が見えて全粒粉40%って見た目からもすごいよ。

 

全粒粉といえば穀物の力強い味わいがする!と思い込みで、

ひとくちかじってみたら、

ふわっと花のような芳醇かつ爽やかな香りが鼻から抜けるような感じがしてびっくり。

 

噛み続けるうちにどんどん味が広がっていくのが楽しくてずっと食べ続けたくなる。

これも全粒粉のなせる技?

なんだかワインを飲んでいるかのような奥深さを感じられる贅沢なバゲットでした。

 

 

久々の横浜遠征でしたが、最初に訪れたお店がここでよかった。

素材にこだわっているだけでなく素材を明確にオープンにしてくれているお店も珍しいし、またシェフのお人柄にも触れてあたたかい気持ちになれました。

横浜方面にはおいしいだけじゃなくて、素敵なパン屋さんが多いってことが実感できました。

ぜひぜひ行ってみてください。

オススメです。

 

今回のフランスパンは

買った場所 たまプラーザ ビオコンプレ

買ったもの ビオバゲット

価格  460円

 

お店情報

ビオコンプレ

biocomplet.sakura.ne.jp

 

FBページ https://www.facebook.com/biocomplet