Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【177〜8本目】大阪中崎町ブランジェリ エス カガワ 水にもこだわるパン屋さんのバゲット2種

 

大阪のパン屋さん巡り。

 

実を言うと、前回紹介したルルットさんは2件目。

大阪について最初に訪れたお店はここ「boulangerie SKAGAWA」さんでした。

 

7時30分開店で、今回訪れるなかで一番大阪駅から近いこともあって、ここに一番初めにいくつもりでした。

 

グーグルマップを見ると大阪駅から歩けそう・・・なんて思ったのが間違い。

せっかく早朝の便で大阪についたのに、歩いて行ったらお店に着いたのは9時近くでした。

 

大阪の人には「なんで歩いていったん?」って言われちゃいそう。

f:id:karenadams:20151227124125j:plain

でも無事到着。

 

白い壁に木の扉。

シンプルな外観で店前に置かれた植物もセンス良く並べられた素敵なパン屋さんでした。

 

お店に入ると、平台の大きなカウンターに焼きたてのパンが並び、奥には丸見えのパン工房。

平日の朝でしたが、すでに数名の来客で混んでました。

 

f:id:karenadams:20151227124112j:plain

こちらのお店は、原材料にこだわり、パンに使う水は三重県の天然水を取り寄せてい

るそう。

 

人気どころは、玄米粉を使った、「もちもちリカルゴ」

f:id:karenadams:20151227124057j:plain 

 

f:id:karenadams:20151227124044j:plain

1個1個丁寧に作られていて、見た目からも食欲をそそるものばかり。

 

ではバゲットは・・・と。

あれ?

バゲットが・・・・ない!

 

あせってお店の方に聞くと、

「ちょうど朝の分は売り切れたところ」という返答が・・・。

 

「あ〜やってしまった」感でうなだれてしまいそうになったけど、

朝の分?と言ってたよね?ということはこの後も焼かれるってこと?と思い聞いたら、

10時すぎに焼きあがるとのことでした。

 

よかった〜。と思ったけど今は9時ちょっとすぎ。

ここで待つこともできないし、せっかくの計画がずれてしまうとのことで、

夕方改めて再訪することにしました。

 

せっかくなのでバゲットと

小さめの天然酵母のプチバゲットを一緒に予約。

 

そして夕方になって再来店し、無事バゲットをゲット。

お店は19時までやっているそうですが、夕方でもかなり商品は売り切れていました。

 

こちらが念願のバゲット。

f:id:karenadams:20151227124221j:plain

f:id:karenadams:20151227124152j:plain

クラストの厚みのバランスと焼き色の香ばしさがいい感じ。

クラムはほのかにチーズのような酸味が感じられる。

塩気は少なめだけど、

お店の人は無塩バターとの相性も良いとのことでした。

うん。

確かにこのクラムに余計な塩はいらなそう。

がぶっとかぶりつき、噛み続けるとまろやかさが出てきたり、とがったり味に変化があっておもしろかった。

水がいいと、酵母が喜ぶのかな?

朝から売り切れてしまうのも納得の美味しさでした。

 

 

そしてもう1本 

天然酵母のプチバゲット

f:id:karenadams:20151227124211j:plain

f:id:karenadams:20151227124138j:plain

小さいけどぎゅっと詰まったクラムに、小麦の甘さが感じられる。

酸味もあるけどまろやかで、こちらも塩気はうっすら浮き上がってくる程度。

もっちりとした食感のクラムなので、

生ハムとクリームチーズを挟んで大胆に食べるのも良さそうでした。

 

 

 

最初に訪れたお店のバゲットがいきなり売り切れだったという緊急事態に遭遇して、

かなりテンパってしまってお店の方も私の気迫にびっくりされたかも。

 

やっぱり人気店は事前に予約していきましょう。

 

今回のフランスパンは

買った場所大阪 中崎町 ブランジェリエスカガワ

買ったもの バゲット&天然酵母のプチバゲット

価格 250円&90円

 

skagawa77.blog65.fc2.com