Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【191本目】半蔵門 ルグルニエアパン2015 パリバゲットコンクール優勝店のバゲット

 満を持して登場!

半蔵門のグルニエアパンさんに行ってきました。

 

このお店は、本場パリに本店を置くブーランジェリー

そして毎年パリで開催されているバゲットコンクール2015年の優勝店でもあります。

 

f:id:karenadams:20160113225754j:plain

半蔵門駅から目と鼻の先。

そこだけパリが突如現れます。

 

f:id:karenadams:20160113225734j:plain

入り口にはバゲットコンクール優勝店のお知らせがありました。2010年に続き2度目の優勝なんですって。

 

このコンクール、現地ではとても名誉のある賞で、優勝すると1年間毎朝エリゼ宮にバゲットを届ける名誉と、賞金4000ユーロが与えられるそうです(参照

f:id:karenadams:20160113225808j:plain

入るとすぐ目の前においしそうなパンが並んでいます。

店内は赤い壁と、木の棚の温もりも感じられる可愛らしい内装でした。

 

f:id:karenadams:20160113225854j:plain

フランスの調味料や、ジャムなども売っていて、パリの食品店のようなラインナップです。

ここで揃えられるので、お家でフランスの味がそのまま再現できるんですね〜。

 

f:id:karenadams:20160113225918j:plain

パンの種類はこの時は20種類ほど。

惣菜系、ヴィエノワズリー系が中心でした。

 

f:id:karenadams:20160113225730j:plain

パティスリーもありますが、

f:id:karenadams:20160113225640j:plain

注目は、フランスの郷土菓子。

種類も豊富で、カヌレ、フォーブルトン、タルトロレーヌなど、ケーキだと甘すぎるという人にはこちらの素朴なお菓子の方がおすすめです。

 

 

さてさてバゲット。

f:id:karenadams:20160113225947j:plain

お店の奥にずらりと並ぶ美しいバゲットたち。

さすがバゲットコンクール優勝店だけあって、気品さえ感じます。

 

f:id:karenadams:20160113225558j:plain

クープは5本。大きく開いていて、エッジは浅め。少し薄めの焼き色です。

 

カットしてみました。

f:id:karenadams:20160113225543j:plain

細長く流れるように入った気泡が軽さを出しています。

口の中でとろけるようなクラムは酸味も、塩気も控えめ。

喉越しが柔らかく、口の中から無くなっても小麦の甘さの余韻がふんわり残る感じ。

少し焼き直すと、クリスピーさが極まり、カラメルのような風味と、

シャリシャリと口の中で崩れていくのが快感で止まらなくなるおいしさでした。

さすがバゲットコンクール優勝店。

 

今年の6月にパリで365本目を達成する予定ですが、

このパリお店にも必ず行く予定です。本場パリの味との味比べ。楽しみです。

 

今回のフランスパンは

買った場所 半蔵門 ルグルニエアパン

買ったもの バゲット

価格 300円

 

ル・グルニエ・ア・パン (【旧店名】シェ・リュイ ハナコウジ店) - 半蔵門/パン [食べログ]

legrenierapain.com