読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【208本目】つつじヶ丘 ブーランジェリークープ ずっしりボリューム感カンパーニュ

京王線つつじヶ丘駅から1分のところにある

ブーランジェリークープ」さんへ行ってきました。

 

夕方近くになってしまうので念のため予約の電話をしたところ、

バゲットはすでに売り切れ、バタールもなし、それでも粘ってフランスパン系は残っているかどうか聞いたらカンパーニュはあるということで、

取り置きしてもらい来店しました。

f:id:karenadams:20160131113208j:plain

駅からもすぐ。

こじんまりとした小さなお店ですが、

可愛らしい白い扉が雰囲気にマッチしていて素敵。

 

f:id:karenadams:20160131113211j:plain

パンの焼き上がり時間がお店の前に書かれていました。

フランスパンは12時からということで、夕方はやっぱり予約が必要でしたね。

f:id:karenadams:20160131113215j:plain

店内に入ると、 

f:id:karenadams:20160131113219j:plain

うわ!フィセルがあった。

フィセルはヒモという意味のフランスパン。

これで良かったけど、まあ仕方ない。

 

f:id:karenadams:20160131113204j:plain

お店のおすすめをお伺いすると、こちらの酵母食パンだそう。

自家製のブドウ酵母を使っているそうです。

 

というわけでカンパーニュ。

f:id:karenadams:20160131113152j:plain

かなりずっしりと詰まった重さのあるカンパーニュ。

時間が経って少し硬さがでていたので、そのまま食べるとちょっとヘビーな印象。

リベイクして食べたら、香ばしさとともに、少し軽さがでてカンパーニュの魅力が蘇りました。

シコシコというよりも、むぎゅむぎゅとした食感を楽しめます。

有塩バターよりも無塩バターをたっぷり塗って食べたくなるカンパーニュでした。

 

つつじヶ丘駅前はお店が少なめであまり賑やかなところではありませんでしたが、

このパン屋さんがあるだけで駅前のイメージが良くなるような雰囲気の良さ。

 

パンの種類が少ない夕方でもご近所風なお客さんが、

続いて来店していたので地域に馴染んでいる愛されパン屋さんなんですね。

 

今回のフランスパンは

買った場所 つつじヶ丘 ブーランジェリークープ

買ったもの カンパーニュ

価格 210円

 

 

Boulangerie Coupe(ブーランジェリー クープ) | パン好きのポータルサイト「PANPOTA!(パンポタ)」

調布市西つつじケ丘4-6-3
042-444-7430
[月~金]8:00~19:30[土・祝]8:00~19:00