読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【224本目】沖縄 水円 山奥にある自然を感じるパン屋さんのバゲット

baguette365沖縄編 5軒目は「水円」さんです。

 

今回の沖縄遠征でもっとも遠かったお店。

正直言うと、

「なんでこんなところにパン屋さんがあるの????」という場所です。

行く前にくじけそうになりましたが、カーナビ様様でなんとかたどり着きました。

 

ただ山奥といってもまわりに民家があるので、そこまで秘境というわけではありません。(でも地図だとそのくらい山奥に感じます)

 

やっと駐車場にたどりついたものの、そこからの行き方がわからない。

 

たまたま常連と思われる親子と一緒になったので「どこですか?」と聞いて教えてもらいました。

 

パン屋行脚も楽ではありません。

 

f:id:karenadams:20160219164255j:plain

こちらの看板が目印。

この奥を入っていくとすぐに見えてきました。

 

f:id:karenadams:20160219164311j:plain

そして無事、念願の水円さんにたどり着きました。

建物が見えてきたときには感動しちゃいましたよ。

 

f:id:karenadams:20160219164330j:plain

ブレーメンの音楽隊をモチーフにした看板が可愛い。

 

たてものは、

山小屋と古民家の中間くらいの佇まいで庭にもテーブルが置かれています。

自然の中にどっぷりとつかっている。

 

 そこに「ある」というよりも「いる」といった方が近いようななじみ方。 

まさに自然派ベーカリー。

 

建物(お店という感じではないのであえてこの表現)の中は、

カフェ(喫茶)にもなっていて食事もいただくことができました。

f:id:karenadams:20160219164237j:plain

この日は土曜日ということもあり満席。

そして千客万来。外国人の来客も多めです。

もう近所のパン屋さんにパンを買いにいくと言う感覚ではなくて

「水円に行く」というイベントにさせてしまう強力な磁石のようなパン屋さんですね。

 

そしてパンコーナーはこちら。

f:id:karenadams:20160219164154j:plain

f:id:karenadams:20160219164343j:plain

 

f:id:karenadams:20160219164119j:plain

f:id:karenadams:20160219164210j:plain

f:id:karenadams:20160219164138j:plain

華やかとは言い難いのですが、

どれもお店の雰囲気にぴったりの素朴なパンが揃っていました。

f:id:karenadams:20160219164222j:plain

バゲットは事前に予約をしておきました。

小さいながらも存在感たっぷり。

f:id:karenadams:20160221145823j:plain

ちょうどランチタイムと重なったので、

セットメニューの食事とともに店内でバゲットもいただきたいとお願いすると

カットして、クリームチーズを添えて出してくださいました。

f:id:karenadams:20160219164100j:plain

特にバゲット向けの粉を使っているのではなく、

通常のパンと同じものとおっしゃっていました。

だから通常のバゲットよりも、もっちりとした食感。

 

それでもこのバゲットを一口食べた時の美味しさといったら格別でした。

 

水々しく潤いのあるクラムで舌触りもなめらか。

クラストの香ばしさは弱めですが、このクラムが口の中で存在感たっぷり。

喉を通りすぎるのがもったいないほどの美味しさです。

一緒に添えられたクリームも自然な甘さでパンとの相性が抜群でした。

バゲットって小麦粉、酵母、塩、水で作られるものですが、

「水」がこのバゲットのバランスを調和しているのかなと思えました。

 

移住したオーナーさんが元は朽ち果てた古い民家を

リフォームされたパン屋さんだそうです。

沖縄の自然。といっても海ではなく「山」

その選択に脱帽です。

 

こんなに素敵なパン屋さんが沖縄の山の中にあるなんて想像できませんでした。

また沖縄にいったらぜひ訪れたいと思います。

 

ランチについてはKAREN's Booking Styleの方で近日書きます

 

 今回のフランスパンは

買った場所 沖縄 水円

買ったもの 小さなバゲット

価格 230円

 

www.suienmoon.com