Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【225本目】沖縄イッペコッペ  旧外国人宅エリアにあるとっても可愛いパン屋さんのバゲット

沖縄編 6軒目 いよいよ後半戦です。

 

沖縄特集の雑誌などでも必ず取り上げられる「イッペコッペ」さん。

港川にある、旧外国人宅を利用したおしゃれなパン屋さんです。

f:id:karenadams:20160222110155j:plain

このエリアには同じような平屋建てのたてものがあり、雑貨屋さんや、コーヒーショップなどとして利用されているそう。

アメリカンな雰囲気を感じさせてくれるおしゃれな場所でした。

その一角にあり、ひときわ可愛さを放っているのがここ。

f:id:karenadams:20160222110127j:plain

f:id:karenadams:20160222110032j:plain

お店の中はこじんまりとしているものの、パンコーナーとべつに雑貨などもも揃っていて、とってもキュートな印象。

 

ちなみに土足厳禁。

入り口でスリッパを履いてはいるというユニークなお店でした。

 

パンはこちら。

f:id:karenadams:20160222111732j:plain

 バゲットは2種類あるとのこと。

ソフトなものと、すこしハードなもの。

f:id:karenadams:20160222110112j:plain

フレンチ的なパンよりもアメリカンなパンが多いのかな。

f:id:karenadams:20160222110044j:plain

ベーグルも美味しそうです〜。

私はバゲットと並んでベーグルが好きなのです。

 

ちなみにイッペコッペさんの人気商品は天然酵母を使っている食パンです。

北海道産のはるゆたかや、久米島の塩など、こだわりの材料を使っているそう。

 

f:id:karenadams:20160222110015j:plain

お店の裏にはテラスもありました。

夏にはここに「喫茶にわとり」という期間限定のかき氷がおいしいカフェが登場するそうです。

 

バゲットはこちら。

f:id:karenadams:20160222111701j:plain

 f:id:karenadams:20160222105941j:plain

バゲットというよりもコッペパンに近いふんわりとした食感でした。

ープン時は、周辺のアメリカ人などが硬いハード系のパンよりも、柔らかなパンを好んだそうで最近になってハード系パンも受け入れられるようになってきたそうです。

ソフトな食感の方が小麦の優しい味わいがダイレクトに伝わると思います。

材料にこだわっていると聞くだけで安心しちゃいますが、

美味しさもしっかりと味わうことができました。

 

訪れる前にどこかで名前を聞いたことがあるなと思ったら、

あの人気パン祭り「世田谷パン祭り」にも出店されていたそうです。

オーナーさんは富ヶ谷にあるルヴァンさんのオーナーともご縁があるとのことで、

「先日ルヴァンさんに行ってきましたよ」なんていう話をさせてもらいました。

 

通販もされているそうですが、東京でまた出店される際には応援に行きたいと思います。

 

今回のフランスパンは

買った場所 沖縄 イッペコッペ

買ったもの バゲット(ソフト)

価格 200円

 

www.ippe-coppe.com