読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【250本目】三軒茶屋パングワン かわいいペンギンがマスコットの実は老舗のパン屋のバゲット

 

三軒茶屋にあるパングワンさんへ行ってきました。

前回三軒茶屋に来た時に休みだったんでリベンジです。

 

三軒茶屋駅から徒歩2分ほど、コメダ珈琲のある建物の左側を入っていき最初の路地を右に曲がってすぐにありました。

f:id:karenadams:20160401220311j:plain

こちらは以前「精養堂」という名前のパン屋さんだったのですが、味のある店名だなと思っていたら

な、な、なんと創業110年だそうです。

超超超老舗ですね。

f:id:karenadams:20160401220346j:plain

といってもお店は新しくとってもおしゃれ。

「パングワン」とはフランス語でペンギンの意味だそうです。

 

店内に入るとこんなお菓子のオブジェでお出迎え。

f:id:karenadams:20160401220321j:plain

 マスコットのペンギンが随所にいてかわいいです。

 

店内は入り口付近がベーカリーになっていて、

奥にはイートインスペースがありました。

f:id:karenadams:20160401220316j:plain

パンが食べられるだけではなくパンケーキなどもありしっかりとしたカフェとして利用できるそうです。

マスコットのペンギンクッキーがデザートプレートの主役になっています。

 

 木をふんだんに使ったインテリアのパンコーナー。

f:id:karenadams:20160401220330j:plain

f:id:karenadams:20160401220335j:plain

定番のパンと、惣菜パンがバランスよくあって、来店中も若い男性から小さい子連れの親子などもいて、地域密着型の印象です。

 

f:id:karenadams:20160401220325j:plain

シベリアが売っていました。

カステラ生地にようかんが挟んであるという元祖?和洋折衷パン。

未だに食べたことがないんですが、美味しそうでした。

 

さてバゲットです。

f:id:karenadams:20160401220340j:plain

ここのバゲットはとってもなが〜い。

そしてクープも7つ入っていた基本を守った律儀なバゲット。

 

カットしてみました。

f:id:karenadams:20160401220301j:plain

 白くてふわっとしたクラム。

リベイクするとクラストはサクサク感が戻り口のなかでクラッシする感じが後を引きます。

甘みは柔らかく、酸味も少ない素朴な味わいで何にでもあいそう。

「もうどうにでもしてください」というような謙虚なシンプルさ。

バターたっぷり。ジャムもあいます。

長さがたっぷりあるので、カスクルートにしても3本分くらいは取れちゃいそうです。

 

三軒茶屋って個性的だけどどこか地域に馴染んだほっこりとするパン屋さんが多い印象でした。

 

先日と合わせて4軒ご紹介しましたが1時間もあれば回りきれる範囲にあるのでプチパン屋さん巡りがオススメです。

 

 

今回のフランスパンは

買った場所 三軒茶屋 パングワン

買ったもの バゲット

価格 240円

 

ぱんやのパングワン