読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【265,266本目】恵比寿アトレ newopen!ルグルニエアパン 雑穀バゲットとキャロットラペカスクルート

東京は続々新しい商業施設がオープンしています。
先日は新宿をご紹介しましたが、
今度は15日にオープンした恵比寿アトレ。
 
こちらにはルグルニエアパンさんが入っていました。
f:id:karenadams:20160420121705j:image
 
以前も半蔵門にあるお店をご紹介しました。
 
f:id:karenadams:20160420121725j:image
恵比寿駅の改札を出て、左に行くと、そのまま新しい西館に通じる渡り廊下があります。
そのエントランスから入るとちょうどこのパン屋さんが右手にどーんと登場。
 
 
まずこのスイーツ類が目の前に飛び込んできました。
f:id:karenadams:20160420121800j:image
f:id:karenadams:20160420121744j:image
ショーケースの中は、ケーキ類。
陳列台にはフランスの地方独特の菓子なども並び、種類が豊富。
 
 
そして正面のショーケースには、
バゲットで作ったサンドイッチ、カスクルートがたくさん並んでいました。
f:id:karenadams:20160420121836j:image
f:id:karenadams:20160420121819j:image
f:id:karenadams:20160420121809j:image
こちらも種類が豊富で迷ってしまいます。
1本だと、ランチ1回分の結構な値段ですが、ハーフサイズもありますよ。
お腹が空いてたら確実に1本は食べられちゃいそう。
今回はお店の方オススメのキャロットラペのカスクルートに決定。
 
お店の奥はイートインができるようになってました。
入り口から見ると外向きのカウンターの6席しかないと思ったら、さらに奥にも席がありましたよ。
f:id:karenadams:20160420121916j:image
駅前ロータリーにある木が見えるので景色が最高。
暖かな日差しも入って心地よく過ごせました。
f:id:karenadams:20160420121855j:image
 キャロットラペのカスクルートは、
12センチほどの小さなものですが、中にはハーブチキンとキャロットラペがたっぷりはいっていて結構ボリューム満点。
バゲットのクラストのカリッと感と、ラペの水分が染み込んだクラムとのバランスも良くてあっという間に完食。
味付けはシンプルですが、満足度が高かったです。
 
カウンターで注文をしていたとき、奥の工房で焼きあがってまだ粗熱を冷ましている状態のバゲットが見えました。
しかも普通のバゲットではなくて表面にプツプツなにか付いている。
お店の方に聞いてみると、「雑穀バゲット」だそう。
これは買わねば!とこちらも追加しました。
f:id:karenadams:20160420121925j:image
f:id:karenadams:20160420121936j:image
 お店の方にお願いしてカットしてもらいました。表面にもプツプツと雑穀がたっぷりはいっているのがわかります。

ローストシード、ひまわりの種、アマニ、アワ、などの雑穀のプチプチ感が口の中で弾けてとっても美味です。

何もつけなくても雑穀の香ばしい香りがあるのでそのままでもスナック感覚で食べられちゃう。

カウンター越しに輝いていたこの雑穀バゲットを見つけたわたしの目は節穴ではなかった(笑)

 

まだオープンしたての平日だったからか、大人の街恵比寿だからか、結構落ち着いてました。

ガヤガヤした雰囲気は好きではない方には、あの隠れ家のようなイートインスペースは穴場です。

 

今回のフランスパンは
買った場所  恵比寿アトレ グルニエアパン
買ったもの  雑穀バゲット&キャロットラペカスクルート
価格  410円 &360円