Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【275〜276本目】駒沢 リュバン 定番バゲットと生バゲットの食べ比べ!

駒沢公園エリア2件目は、

前回のグリオットさんからさらに駒沢公園方面に歩いて行きました。

ちょうど駒沢大学駅自由が丘駅の中間くらいに位置した場所です。

 

そっか、この先は自由が丘なのねと思いながら歩いて行くと雰囲気もまた洗練されたエリアになってきました。

f:id:karenadams:20160510064739j:plainf:id:karenadams:20160510064650j:plain

駒沢公園の奥の方にある、洒落た一角。

向かい側には系列のカフェがあり、最初そちらに入ってしまいパンがない!と慌てたところ、間違っただけで、向かい側にちゃんとパン屋さんがありました。

 

f:id:karenadams:20160510064656j:plain

 お店に入ってまず目につくのが色とりどりのケーキや、スイーツたち。

パンだけではなくて、スイーツショップでもあるんですね。

 

f:id:karenadams:20160510064710j:plain

この日は母の日だったので、赤やピンクの可愛らしい母の日仕様のケーキが並んでいました。

f:id:karenadams:20160510064700j:plain

気になったのがこのふかさわプリン。

自由が丘と駒沢の中間がふかさわエリアのため、とってもピンポイントなネーミングのプリンです。

なんと当たり付き!だそうですよ。

 

そしてパンはこちら。

f:id:karenadams:20160510064714j:plain

甘そうなケーキを見た後だったのでこんなクロワッサンが目にとまりました。チョコ好きにはたまらないコラボレーションです。

 

f:id:karenadams:20160510064719j:plain

f:id:karenadams:20160510064723j:plain

お惣菜系のパンからスイーツ系までバラエティに富んでいて、

朝〜ランチ〜おやつまで時間帯を合わせて楽しめそうな種類の豊富さでした。

 

さて、バゲット。

通常のバゲットの他に、

f:id:karenadams:20160510064728j:plain

 

 

生バゲットなるものがありました。

f:id:karenadams:20160510064706j:plain

 某ハイジのパンを彷彿させる真っ白なバゲット。

見た目通り、ふんわり柔らかく焼き上げたバゲットだそう。

これは気になる!

ということで今回は2種類のバゲットを買ってみました。

 

f:id:karenadams:20160510064821j:plain

f:id:karenadams:20160510064810j:plain

生バゲット。

中はふわふわそうでバゲットといっても、通常のものと全く違うのかな?と思っていたのですが、

いい意味で期待を裏切られました。

中のクラムはネチッとした水分を含んで柔らかいながらも絶妙な弾力感があってしっかりと味わうことができます。

バゲットほど硬くはないけどでも食べるとちゃんとバゲットらしくもあり不思議な魅力でした。

お店の方曰く、焼かないでそのままでもいいけど焼いても美味しいとのこと。

生バゲットだけどさらに焼いてもいいのは面白いですね〜。

 

続いてバゲットリュバン。

f:id:karenadams:20160510064831j:plain

f:id:karenadams:20160510064758j:plain

 こちらは塩加減が強めで、噛むごとにじわじわを小麦と塩のバランスを感じられます。

外側のクラストの香ばしい風味が鼻に抜けた時の美味しさといったら格別。

主役感はあるけど、そこまで主張してこないベテラン俳優さんのような芯が通った強さのバゲットでした。

 

どちらも美味しかったけど、珍しいところで生バゲットの方がインパクトがありました。

コントラストが面白いので2種類食べ比べしてみるのがオススメです。

 

今回のフランスパンは

買った場所 駒沢 リュバン

買ったもの バゲットリュバン 生バゲット 共にハーフサイズ

価格  145円 160円

 

www.ruban-tokyo.jp