Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【284本目】京都北今川 エズブルー これぞ本場のパリの味!バゲット

バゲット365 京都編再び!

今回は6軒のパン屋さんを巡ることができました。

順にご紹介してきいますね!

 

まず1軒目は、京都駅から地下鉄で12.3分ほどの、今出川にあるエズブルーさんです。

ちょうど京都御所の上の辺り、同志社大学の近くにありました。

f:id:karenadams:20160521055135j:plain

今出川駅からさらに同志社大学沿いを歩いて徒歩10分ほど、赤いテントのパン屋さんが見えてきました。

f:id:karenadams:20160521054703j:plain

フランスでパン作りの魅力にはまったシェフが作る本格的なブーランジェリーだそうです。

f:id:karenadams:20160521054757j:plain

訪れたのは朝9時半。

いろいろなパンは並んでいるものの、フランスパン系がまだ焼きあがってませんでした。

f:id:karenadams:20160521105737j:image

f:id:karenadams:20160521105659j:image

スタッフの方に聞くとあと15分ほどで焼きあがるそう。

よかったー!

というわけで別のパン屋さんに行って戻ってくることにしました。

わたしがよくやってしまうミスなのですが、フランスパンってお店によっては焼きあがる時間が違うので、

パン屋さん巡りをする際はお目当のパンが何時くらいに焼きあがるか事前に確認しておくことをオススメします。

そしてこの後さらに凡ミスをしてしまいました。

このエズブルーさんがある今出川出町柳エリアはパン屋さん激選区。

近くにもアルチザナルさん、さらに歩いて10分くらいのところにフリアンティーズさんというお目当のパン屋さんがあるので、

エズブルーさんのあとに行く予定でした。

しかし事前にアルチザナルさんは休みと確認していたのですが、

フリアンティーズさんの方は確認しないでいたら、

 

お休み・・・。

 

またやっちまいましたー。

最近はバゲットが売り切れよりも休みは堪えます。

事前に休みは確認しておきましょう!

 

さて、そんなこんなで結局エズブルーさんに、戻ってきたらバゲット焼きあがってました。

f:id:karenadams:20160521054946j:plain

f:id:karenadams:20160521055027j:plain

パキパキと音を立てて焼きあがってきたハード系のパンたち。

生唾ものです。

f:id:karenadams:20160521054954j:plain

こちらにそびえ立つのがバゲット。

久しぶりにロングサイズのバゲットに出会えました。

f:id:karenadams:20160521055207j:plain

が、しかし、

あまりに長すぎてキャリーバッグに入りきらず途中で折れてしまいました。

ごめんなさい!

ちょっと見えづらいですが、

クープも7本入り長さも70センチほどあり、

素晴らしい!

これぞザバゲットです。

f:id:karenadams:20160521055240j:plain

リベイクしていただきました。

全体的に水分が少なめでなのでサクサクの食感。口の中に入れるとシュワっと細かく粒子になっていくように溶けていきました。

日本風なもっちりとした水分多めのものよりもクリスピー感がハンパない。

見た目といい食感といい

これは、もしやパリで食べるバゲットそのものかもしれないと、夏のパリ行きを前にプレパリを味わった気分でした。

 

今回のフランスパンは

買った場所 京都今出川 エズブルー

買ったもの バゲット

価格313円