読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【286本目】京都 荒神口 ボンボランテ 石窯があるベーカリーのバゲット

LANDさんの次は歩いて1、2分くらいのところにあるボンボランテさんへ。

f:id:karenadams:20160521092046j:image

こちらのパン屋さん、一度前を通り過ぎてしまいました。
ちょうどお店の方が外に出ていたので声をお掛けしたら開店は11時からとのことでした。
 
その時点で10時ちょっとすぎ。
 
時間がもったいないのと、
夜は8時まで営業しているそうなのでバゲットを予約してあとで取りにくることにしました。
f:id:karenadams:20160521092439j:image
オープン前の忙しいときなのに予約を受けてくださってありがとうございます。
 
 
というわけで
19時くらいに再び来店しました。
f:id:karenadams:20160521092458j:image
この時間でも来店客が絶えない人気。
私が入った後も2人ほど常連風の女性がパンを買い求めていました。
 
 
このお店の最大の特徴なのが
店内に石窯があり、それでパンを焼いているということ。
 
お店の外からも見える巨大な窯。
f:id:karenadams:20160521092559j:image
この石窯で、
f:id:karenadams:20160521092656j:image
こちらの薪を使って焼いているそうです。
 
店内に、窯と薪があるなんて、渋くて、かっこいい!
 
f:id:karenadams:20160521092755j:image
焼き上がり時間も表示されています。
 
夜、再び訪れた時もわずかながらパンの種類がまだありました。
f:id:karenadams:20160521092514j:image
f:id:karenadams:20160521092529j:image
色味は少なめでしたが、素朴でシンプルなパンが揃っていました。
人気はこちらの食パンだそうです。
 
f:id:karenadams:20160521092547j:image
 
こちらがバゲット。
f:id:karenadams:20160521092633j:image
長さ30センチほどで、少し色白の焼き加減。
石窯で焼くっていうのは、焼き色なども毎回違ってくると思うので調整するのも大変そうですね。
 
f:id:karenadams:20160521092723j:image
大きめの気泡が入った空気感あるバゲット。
しっかりとコクがあって、
ほんのり木の香りと、酵母の芳醇な香りがふわ〜と口の中に広がります。
シコシコとしたクラム(生地)の食感と水分感が優しい粘りをだしていて
噛むごとに味が変化する奥の深いバゲットでした。
窯で焼くとやはり違うんですね〜。
 
f:id:karenadams:20160521092738j:image
店内はとってもシンプルで
「窯の脇でパンを売っています。」というような清々しさ。
お店のロゴマークが入ったバッグも可愛かったです。
 
 
今回のフランスパンは
買った場所 京都 荒神口 ボンボランテ
買ったもの バゲット
価格 235円