読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【334本目】パリ GOSSLLIN  ムッシュも太鼓判なパン屋さん

 

たくましいような力強い名前のパン屋さん「GOSSLLIN 」さん。

f:id:karenadams:20160707045614j:image

店構えも一見パン屋さんとは思えないメンズライクな佇まいですね。 

f:id:karenadams:20160707045639j:image

店内はぐっと高級感のある素敵な内装。

黒の床に白の壁が美しく映えます。

こんなに高級感でもパリでは親しみのある街のパン屋さんになるんですね。

f:id:karenadams:20160707045837j:image

パリのパン屋さんはパンばかりじゃなくてお惣菜も売っているんです。

f:id:karenadams:20160707045858j:image

ずっと思ってましたがクロワッサンはどの店も1ユーロくらいで1個120円ほど。

日本じゃ考えられない。

f:id:karenadams:20160707045731j:image

ここで初めてクレープを売っていることに気づきました。

他のお店もあったのかな〜。

おいしそう〜。

 f:id:karenadams:20160707045938j:image

 そしてケーキもこのクオリティです。

f:id:karenadams:20160707045700j:image

 奥にはバゲットとトラディションがそびえ立ちます。 

f:id:karenadams:20160707155210j:plain

ここのバゲットはパサパサ感があまりなくて、しっとりとしたクラムが食べやすかったです。きっと時間にもよりますね。

クラストの焼きも薄めで、

ソフトな優しいパンとして毎日食べても飽きなそうでした。 

 

今回も購入後、店先で写真を撮っていたら、

お店の入り口でさっそくパンを頬張る高齢のムッシュと目が合い、

お互いに笑顔で親指でgoodサインを送り合うという嬉しいハプニングも。

「ここのパンおいしいよね」と無言のメッセージを受け取りました。

 

今回のフランスパンは

買った場所 パリGOSSLLIN 

買ったもの バゲット

価格 1ユーロ