Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【341本目】パリ9区 Arnaud Delmontel 高級ブティック風パン屋さん

モンマルトルの麓、ピガール駅からマレ方面に下っていく通りはには

これまた歩けばパン屋さん。

というエリアで私としては助かりました。

 

続いては「Arnaud Delmontel」さん

ここはグーグルマップに出てくる評価に日本人の方の「毎日通った」という口コミがありました。

f:id:karenadams:20160708050025j:plain

入り口からして、まるで美術館のよう。

パリのパン屋さんてこういうのがデフォルトで似合うんですよね。

f:id:karenadams:20160708050018j:plain

こちらもコンクールの賞をもらったというお店でした。

f:id:karenadams:20160708045927j:plain

店内はこれまた高級ブティックの様な上品な内装です。

高級感の中にもマゼランピンクの壁が可愛らしくて親しみが持てます。

f:id:karenadams:20160708045950j:plain

f:id:karenadams:20160708045935j:plain

ここはパンとスイーツが半々くらいのペースであって、このときは大きなケーキを買いにパリジェンヌが訪れていたのでスイーツショップとしても人気なんでしょうね。

 

f:id:karenadams:20160708045943j:plain

これは外から撮ったショーウインドー越しの写真。

吸い込まれるようにお店に入ってしまいそうです。

 

f:id:karenadams:20160708045959j:plain

f:id:karenadams:20160708050008j:plain

サンドイッチもまるでジュエリーのショーケースのような中に並んでいて、

これも高級感を醸し出していますね。

 

こちらでもトラディションを買いました。 

f:id:karenadams:20160708045916j:plain

焼き色が薄めのあっさりトラディション。

他店にはなかった特有の酸味が若干感じられてすっきりとした味わいです。

クープのエッジ(盛り上がり)がサクサクとしてスナック感覚で食べられるような軽さがありました。

 

たとえ見た目は高級感があっても、パリのパン屋さんはどこか庶民的。

気軽に入れるのがいいですね。

 

今回のフランスパンは

買った場所 9区Arnaud Delmontel

買ったもの トラディションハーフ

 

*値段はどのお店もトラディションハーフだと55〜65セントほどです。