Baguette 365

1年で365本のフランスパンを食べる ブログ

【360本目】6区 Thevenin サクッと便利なコンビニ的ブーランジェリー

メトロsaint palacide駅の目の前にあるブーランジェリー

「Thevenin」さん。

 

お店の名前が頭の中で「トレビアン」に変換されていたのですが、

トレビアンのスペルは「très bien」全然違いました。

f:id:karenadams:20160719062937j:image

お店の前にはテーブル席があり、かっこいいパリジェンヌたちがランチをしていました。

f:id:karenadams:20160724232616j:plain

真っ白で明るい店内。入って右側がスイーツ、左側が惣菜系、奥にパンコーナー。

そして中央にもイートイン席がありました。

f:id:karenadams:20160724232649j:plain

サラダ類も豊富。

画像を振り返るともうバゲットよりも、惣菜の方が気になってしまっていたのがわかります。

f:id:karenadams:20160724232627j:plain

ここには珍しく、ライスをつかったお弁当のような惣菜も売っていてさながらコンビニみたいなところです。

海外滞在も2週間ほどたっていたので、ライスに心がときめいちゃいました。

f:id:karenadams:20160724232637j:plain

 

スイーツコーナーにはマカロンがずらり。

f:id:karenadams:20160724232700j:plain

日本ではマカロンといえばラドゥレなどでしか見かけないのですが、パリのパン屋さんでは当たり前に売られています。

 

どうも、私は「色」に魅力を感じるタイプなのでマカロンでカラフルに彩られたショーケースを見るのが楽しくて仕方がなかったです。

f:id:karenadams:20160724232710j:plain

f:id:karenadams:20160724232722j:plain

f:id:karenadams:20160724232733j:plain

コンビニ的なお店なので、ランチタイムはスタッフさんが忙しそうでした。

買うときには自分の意思表示が大切ですね。

目があったスタッフさんに、カウンターの奥にあるバゲットを指差して、やっと買うことができました。

f:id:karenadams:20160903155424j:plain

こちらも焼きが薄めです。パンチは足りませんでしたが、シンプルなバゲット。

ランチにサラダなどと合わせて食べるのが良さそうでした。

 

パリのパン屋さんはサクッと買ってサクッと帰るのが当然のような感じです。

私みたいに、あれもおいしそう〜これもたべたい〜と迷っているとお店の人は、さっさと次のお客さんの注文をとりに行ってしまいます。 

サクッと「ユヌバゲットシブブプレ」と買って帰るのがパリジェンヌらしくてかっこいいと思いつつ、最後までできませんでした(笑)

 

今回のフランスパンは 

買った場所 Thevenin

買ったもの バゲット&サラダ

アドレス 5 Rue Notre Dame des Champs 75006

最寄りメトロ saint palacide

 

*ブログ執筆時の情報のため、

内容、休日、営業時間等は変更の可能性もありますのでご了承ください